健康管理業務とは何をするのか説明します

企業などが業績を維持していくためには、そこで働いている人々の状態が大きく関わってきます。不調な社員がいれば、業務が維持できないこともありますし、健康回復のために長期休暇をしたり、雇用を続けられない事態にもなってしまうこともあるからです。働いてくれる人々が仕事に携わりながら健やかに過ごせるように、社員の精神的な面でも身体的な面でも、企業としては確認して把握をしておく必要がありますし、健康を維持していくような管理をすることが必要なのです。現代ではストレス社会とも言われていますので、社員にとって働きやすい環境を企業が提供できることが求められていて、そういった健康管理業務が行き届いた企業であれば、結果的には業務の向上や社員の士気が上がったりする良い効果にも繋がりますので重要なことと考えられています。

従業員に対する健康管理業務は法令でも定められています

雇用している従業員の健康を管理することは、責務のひとつでもあります。民法、労働基準法などにもこれに該当する契約でのことが述べられています。こういった法令遵守のためにも、健康管理業務を行うことは現代においては必要不可欠となっています。年に行う健康診断なども実践をされていますし、近年ではストレスチェックを義務づけられる場合もあります。またしっかりと休養を取らせるためにも、年次有給休暇の義務化なども叫ばれていますので、労働する側にもそういった認識が広まってきているのが現状です。またニュースなどではこれに違反した雇用主が罰則を受けるケースもありますので、このような健康や安全に対する配慮義務を怠ったことで社員が健康を害した時には、大きな賠償を命ぜられることもありますので、企業にとっても健康管理業務への認識はとても重要となります。

健康管理業務に取り組む企業は仕事環境が良い

企業がする社員に対しての健康管理業務には精神面とフィジカル面があります。病気への予防や健康増進のために数々の取り組みをしていることも多く、その内容や範囲は企業によってもさまざまです。定期的に健康診断をして保健指導をしているところは一般的にも多いですし、また健康に基づいてレクリエーションを催したり、オフィスにおける禁煙や分煙などに乗り出しているところも増えてきています。精神面ではストレスチェックを実施したり、長時間の残業を見直したり、過重な労働を見直すなどの健康業務管理が増えています。産業医と提携して、健康への意識改革を提供する場を設けるなどの努力をしているところもあります。人を大切にする企業体質が、こういうところにも表れていますので、求人を探す時にも企業選びの指針のひとつにしても良いほどです。

健診予約は専用Webサイトから24時間受付可能です! 「健康診断サービス」&「HSS」のご利用で全国拠点を抱える企業様の健康管理業務の効率化を可能にします。 定型業務のアウトソーシング、業務の見える化、IT化の推進により、産業保健スタッフの働き方改革を実現! というご要望にお応えします。 『産業保健プロフェッショナルカンファレンス』開催。 導入までの手間要らず、クラウド型健康管理システムです。 健康管理業務で従業員が健康で元気な会社を創ろう