なぜ健康管理業務が重要かを説明します

人は自分には甘くなりがちなものです。そして周囲の圧力には負けてしまいがちです。ですから無理な勤務体制を受け入れ、身体や心を壊してしまう人が増加しています。会社に置いて社員は歯車などと例える事がありますが、人は無機物ではないですし、例え歯車でも壊れれば全体に影響をします。また人が倒れてばかりの会社はイメージも悪くなりますし行政からの指導も入ります。健康保険の会社からも、悪いイメージを持たれます。人が作り、人と関わる、会社という社会では、健康はまさに宝です。そもそも従業員が倒れれば補充が必要になりますし、補充できない場合は、今いる従業員で仕事をするので、忙しさが増すため、さらに健康に害悪となります。また補充した後、倒れた方が復帰する場合の対処に頭を痛めることにもなります。お金、運営、イメージの全ての面で重要なのです。その為に健康管理業務が必要です。

健康管理業務とは具体的にどのようなものか

具体的な健康管理業務とは、基本は勤務時間の管理と、健康診断です。また健康が仕事に直結する仕事、例えばドライバーや工事現場の方々は、最悪の場合、即死に直結するほど重要です。そのような方たちの場合、もっと詳細で独自のプログラムがありますが、一般的な企業である場合、年に一度の健康診断や勤務時間の制限などは労働契約法にも書かれており、雇用者は安全配慮義務が明確にされています。健康診断は体重や内臓の一部検査などの身体の検査とストレスチェックのような精神面の検査があります。人の身体は、小さなケガひとつで、実はストレスがかかります。また小さなストレスが積み重なることで、体調に影響を及ぼします。病は気からとは、気のせいだから頑張れという意味では無く、ストレスは万病の元という意味です。

健康管理業務は先生と生徒の関係に似ている

勤務時間外の仕事を共用することも法律違反になります。個人に合わせた業務内容と量を考える事も、上司、ひいては会社の責任です。もちろん、仕事ですから、それなりの無茶もあります。ストレスもあります。ここで会社が配慮できる部分は会社が配慮をし、個人で解消できる部分は個人で解消できるように会社がバックアップすることが大切です。この場合、お金を出せと言うことではなく、休んで時間を作れるようにするということです。もちろん残業代は正規に出すことは法律で定められています。全ての責任が会社にあるという話では無いのです。例えば生活習慣病の半分は個人の責任です。場合によっては全て個人の責任です。ここで会社が健康診断の測定値によって、注意喚起をすることが大切です。健康管理業務とは、つまり甘くなりやすい部分には先生役が必要になる、という事です。