健康管理業務の業務内容を説明します

企業にとって重要とされることの1つに、従業員の健康管理業務が挙げられます。雇用している従業員が健康を守ることは企業の責務でもありますが、そもそも健康管理とはどういったものなのでしょう。健康管理がどういうものかを知る前に、健康とはどういった状態かを知っておく必要があります。健康な状態とは、病気や身体が弱っているだけではなく、身体的にも精神的にも社会的にも良好な状態を指します。企業は雇用する従業員の生命や身体などが危険から守らなければいけないと法律で義務付けされています。従業員の安全を確保する安全配慮義務、従業員のストレスチェックの義務化など、さまざまな法律があり、それを遵守しなければいけません。では、従業員の健康管理業務は、法律で定められているから守らなければいけないものなのでしょうか。

健康管理業務の重要性とはどういうものか

さまざまな法律で定められている健康管理業務ですが、企業にとって重要な理由は法律以外にもあるのでしょうか。企業が雇用する従業員の健康管理を行うことは、従業員個人の健康を守るだけでなく企業の利益にも影響を与えることがあります。例えば、健康管理業務を怠ったことで従業員の健康が脅かされたとき、組織の生産性に影響を与えることがあります。組織の生産性が低下することは、企業としての利益も低下する可能性が高くなります。また、健康管理を怠ったために従業員が病気になれば、企業のイメージダウンを招く可能性もあるのです。逆に健康管理業務を導入することで、従業員が働くモチベーションの向上につながり、生産性や業績のみならず、企業イメージの上昇も期待できます。つまり、企業が従業員の健康管理を行うことは、企業の利益アップなどに繋がる重要な要素でもあるのです。

健康管理業務とはどのようなもの?

企業にとって重要な健康管理業務ですが、その内容はどういったものでしょう。健康管理には、従業員一人ひとりが自己管理し、体調を崩したときにはすぐに病院を受診することも大切ですが、それだけでは不十分といえます。例えば、いつもよりちょっと体調が思わしくなくても、仕事が忙しいからと病院を受診せずに病気に気付かなければ、健康管理をしているとはいえません。そこで企業は従業員の健康管理を行う産業医を設置するなどの措置を行う必要があります。健康診断の徹底や従業員のストレスチェックを実施するなど、従業員の健康情報の管理を行っていくようにしましょう。また、健康診断やメタボなどの情報を組み合わせて、リスクが高い従業員を抽出して管理することも大切です。自社での健康管理業務が難しい場合には、サービスの利用を検討するなどして、従業員の健康管理をしっかりと行っていきましょう。